自作WordPressテーマで企業HPを運営するTSUNJIのWeb制作備忘録

お名前.comでドメインを取得してエックスサーバーに登録する方法

公開:2017/9/19  

企業HPを運営するにあたって、Webサイトのドメイン(URL)を取得し、Webサーバーに登録する作業が必要になります。

今回は、僕がいつも利用しているお名前.com とエックスサーバーを例に、ドメインを取得してサーバーに登録するまでの流れをご紹介させていただきます。

(エックスサーバーでもドメインの取得は可能ですが、更新費が他よりちょっと高いので、僕はいつもお名前.com を利用しています)

 

お名前.comでドメインを取得

まずはお名前.com でドメインを取得しましょう。

 

お名前.com のTOPページで取得したいドメインを検索

お名前.comで取得したいドメインを検索

 

取得可能なドメインの一覧が表示されるので、ほしいドメインにチェック
(下の三角で他のドメインも閲覧可能。また、別のドメインがほしい場合は他のドメインを選択するにチェックを入れて検索

取得可能なドメインが表示される

 

チェックを入れたら料金確認へ進むを選択

料金確認画面へ

 

料金画面で内容を確認し、初めてご利用の方もしくはお名前IDをお持ちの方を選択

お名前.comのアカウントを持っているかどうか選択

Whois代行が無料になるのはこのタイミングだけ!

Whois情報とは、ドメインの所有している人や団体の情報のことで、下記のような検索サービスを利用すれば誰でも閲覧可能です。

住所なども記載する必要があるため、「個人で運営しているHPなのでWhois情報をあまり開示したくないな~」という場合に[Whois情報公開代行]を利用すれば、自分個人ではなくお名前.comの情報が表示されるようになります。

ただし、この[Whois情報公開代行]はドメインの取得時に申し込めば無料で利用できますが、後で追加申し込みを行った場合、毎年980円(税別)の費用が追加でかかるので注意が必要です。

 

初めてご利用の方を選択した場合は、そのまま自分のメールアドレスと希望するパスワードを入力、お名前IDをお持ちの方を選択した場合はIDとパスワードを入力してログイン

お名前.comのアカウント情報を入力

 

支払い方法を選択

支払い方法を選択

Amazon Payとは

Amazonが提供する決済サービスで、お名前.comへのクレジットカード登録をせずに利用が可能です。ちなみに、AmazonのWebサイトで支払い履歴を確認することもできます。

クレジットカード銀行振込を選択した場合には、画面の指示に従って支払いを進めるだけなので、下記ではAmazon Payでの支払いを選択した場合を説明します。

上記の画面でAmazonアカウントでお支払いを選択すると別ウインドウが開くので、Amazonのアカウントを入力してサインイン

Amazonのアカウント情報を入力

 

アカウント確認画面が開くので確認してOK

Amazonのアカウント内容を確認

 

Amazonで利用しているカード情報が表示されるので、お名前.comの支払いに利用したいクレジットカードを選択

ドメインの取得料金を支払うクレジットカードを選択

 

今後の支払いにAmazon Payを利用するにチェックを入れて申込む
※チェックを入れないと先に進めない(後で変更・削除できる)
全○件というところをクリックすると、申し込んだ情報が確認できるので、再チェックしておくこと

支払内容を確認して申し込み

 

しばらく待つと下記の画面に変わる

お名前.comの申し込み完了画面

 

登録しているメールアドレスに以下のメールが到着すれば設定完了

  • [お名前.com]ドメイン登録 料金ご請求/領収明細
  • [お名前.com]ドメイン登録 完了通知 ■ドメイン名■
  • [お名前.com]Whois情報公開代行 完了通知 ■ドメイン名■

 

エックスサーバーでドメインを登録

次に、エックスサーバーにドメインを登録しましょう。

 

エックスサーバーのインフォパネルにログインした後、サーバーパネルにログイン

 

ドメイン設定を選択

ドメイン設定画面へ

 

ドメインの追加設定を選択

ドメインの追加を申請

 

さきほど取得したドメインを入力してドメインの追加(確認)を選択

お名前.comで取得したドメインを入力

 

内容を確認してドメインの追加(確定)

ドメイン追加に関する内容を確認

 

ドメインの追加が完了

お名前.comで取得したドメインのエックスサーバーへの登録が完了

 

お名前.comのドメイン設定を変更

最後に、お名前.com においてネームサーバーの設定を変更しましょう。

ネームサーバーとは、「ドメインにアクセスした時にどこのサーバーを表示するか 」を設定している場所で、通常は自社のサーバーが表示されるようになっています(例:お名前.comの場合は、お名前.comレンタルサーバー等)。

今回のように、「お名前.comでドメインを取得してエックスサーバーでHPを公開する」という場合には、お名前.comにおいて「●●というドメインにアクセスしたときは、エックスサーバーに見に行ってくださいね」という設定に変更する必要があるわけです。

 

ドメインNaviにログインして、ドメイン設定

ドメイン設定を選択

 

ページ真ん中あたりのネームサーバーの設定ネームサーバーの変更

ネームサーバーの変更を選択

 

設定を変更したいドメインを選択し、登録は正しいので、手続きを進める

変更したいドメインを選択して次へ

 

他のネームサーバーを利用のタブを選択

他のネームサーバーを利用する

 

エックスサーバーの情報を入力して確認画面に進む

エックスサーバーのネームサーバー情報を入力

※エックスサーバーのネームサーバー情報は↓

 

内容を確認して設定する

入力したネームサーバー情報に間違いがないか確認

 

しばらく待つ

しばらく待つ

 

完了

ネームサーバーの設定変更が完了

 

ただし、この段階で取得したドメインにアクセスしても「無効なURLです」と表示されてアクセスできない。

ネームサーバーを設定した直後はまだアクセスできない

 

お名前.comの設定完了画面において、「インターネットの環境により、反映完了まで24時間から72時間程度かかる場合がございます。」と注意書きがあるが、だいたい1時間くらいで反映される印象

反映が完了すると↓のように正しく表示される

1時間程度待つと、ドメインにアクセスできるようになる

 

まとめ

「ドメインを取得してサーバーに登録する」という作業は、そんなに頻繁にやるものでありません。

僕自身、「あれ?どうやるんだったっけ?」とたまに思うことがあるのでまとめてみました。

作業そのものはだいたい20~30分くらい、ドメインの反映を待ったとしても、1時間半~2時間もあればドメインの公開まで完了できます

もし分かりにくい説明などあれば、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう