自作WordPressテーマで企業HPを運営するTSUNJIのWeb制作備忘録

facebook for developersで削除した自作のFacebookアプリを復元する方法

Facebookは、2018年5月にAPIのバージョンアップを行っており、特に新規作成のFacebookアプリには、サイトのSSL化&プライバシーポリシーページが必須となり、かなり制限が増えました。

以前と同じ方法でFacebookアプリを作ったものの上手く動かず、「過去に作ったFacebookアプリなら動作するのでは?と思いついたものの、そのアプリはすでに削除済。さてどうしよう……?」という方向けに、「facebook for developers で、一度削除してしまった自作のFacebookアプリを復元する方法」についてご紹介します。

記事は2018年5月24日時点

下記で紹介するキャプチャは2018年5月24日に作成しています。実際の画面とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

 

手順1:開発者向けFacebook(facebook for developers)で削除したアプリを探す。

まずは、過去に削除したFacebookアプリが復元可能な状態かを調べてみましょう。

 

『 facebook for developers 』へアクセスしてログイン

 

グローバルメニューの[その他]→[サポート]の順に選択

 

ページの真ん中くらいにある[アプリの決定に関する異議申し立て]を選択

 

[アプリを復元]の項目に復元可能なアプリの一覧が表示される。

(僕の環境下では2ヶ月ほど前に削除したアプリが表示されていましたが、具体的な復元可能期間はヘルプページに記載されていませんでした……)

 

削除したアプリの復元を申請

一覧の中から復元したいアプリを選んで、右の方にある復元するをクリック

 

確認画面が表示されるので、確認をクリック

 

申請完了

 

連絡先アドレスに確認メールが届く

facebookアプリの連絡先として登録したメールアドレス宛に「Facebookアプリを復元するには承認が必要です」というメールが届くのでリクエストを承認をクリック

 

確認画面が表示されるので、アプリを復元をクリック

 

Facebookアプリの復元が完了

 

まとめ

正直、今回の記事は自分のための備忘録の意味も強いです。

誤って同じような名前のFacebookアプリを作成してしまい、必要な方のアプリを削除してしまったため、「Facebook アプリ 復元」などで調べてみたものの、まぁ情報が出てこないこと……

結局、『facebook for developers』を1ページずつ順番にチェックして、やっと見つけたときには「有った!!」とつい声を上げてしまいましたね(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう