自作WordPressテーマで企業HPを運営するTSUNJIのWeb制作備忘録

エックスサーバーにWordPressをインストールする流れと注意点

公開:2017/11/4  

エックスサーバーには「自動インストール」という機能があり、かんたんにWordPressをインストールすることができます。

ただし、さすがに「ボタンを押せば後は待つだけでOK」とまでは行かないので、エックスサーバーにおけるWordPressのインストール手順と注意点を紹介させていただきます。

(画面キャプチャーは2017年11月4日時点のエックスサーバーの管理画面で作成しています)

 

WordPressをインストールする流れ

エックスサーバーにWordPressをインストールするには、大きく分けて3つの手順が必要となります。

  • データベースにアクセスするユーザ(MySQLユーザ)の作成(初回のみ)
  • データベースの作成
  • WordPressの自動インストール

 

MySQLユーザの作成(初回のみ)

まずは、データベースにアクセスするためのユーザを作成しましょう。一度作成すれば、あとは使い回し可能なので、初回のみ必要な作業となります。

ただし、1つ1つのWordPressに別々のデータベースユーザを設定するのも、セキュリティーを高めるうえではおすすめです。

 

エックスサーバーの[サーバーパネル]にログインしたら、ページ中ほどのMySQL設定を選択

[MySQL設定]を選択

 

タブメニューのMySQLユーザ追加を選択
※下記のキャプチャーでは過去に作成したデータベースの一覧が表示されていますが、エックスサーバーを契約直後は「データベースはありません」と表示されます。

[MySQLユーザ追加]を選択

 

自分の好きな「MySQLユーザID」と「パスワード」を入力してMySQLユーザの追加(確認)をクリック

自分の好きな[MySQLユーザID]と[パスワード]を入力

 

内容を確認して、MySQLユーザの追加(確定)をクリック

[MySQLユーザの追加(確定)]をクリック

 

新しいデータベース(MySQL)の作成と初期設定

それでは次に、新しくWordPressをインストールする用のデータベースを作成し初期設定を済ませましょう。

 

先ほどと同じMySQL設定ページに進んだら、今度はMySQL追加を選択

[MySQL追加]を選択

 

好きなデータベース名を入力したら、文字コードで[UTF-8]が選ばれていることを確認したうえでMySQLの追加(確認)をクリック

好きなデータベース名を入力して[追加]

 

内容を確認したうえでMySQLデータベースの追加(確定)をクリック

[MySQLデータベースの追加(確定)]をクリック

 

データベースの作成が無事に完了!

データベースの作成が無事に完了!

 

[MySQL一覧]に戻ると、新しく作成したデータベースには[ユーザーはいません]と表示されているはずなので、アクセス権未所有ユーザにさきほど自分が作成したデータベースユーザが表示されていることを確認して追加をクリック

作成したデータベースへのアクセス権を設定

 

新しく作成したデータベースへのアクセス権の追加が完了!

新しく作成したデータベースへのアクセス権の追加が完了

 

WordPressのインストール

ここまでくれば、あとはWordPressのインストールをするだけ!

 

エックスサーバーのサーバーパネルの下の方にある自動インストールを選択

[自動インストール]を選択

 

タブメニューのうち、プログラムのインストールを選択

[プログラムのインストール]を選択

 

自動インストールが可能なプログラムの一覧が表示されるので、WordPressのインストール設定を選択

WordPressの[インストール設定]を選択

 

以下を参考に必要な情報を入力してインストール(確認)を選択

  • インストールURL
    「wwwあり」「www無し」などのドメインと、WordPressをインストールするフォルダを入力
  • ブログ名
    自分のブログや会社名を入力(後で変更可能)
  • ユーザ名
    WordPressにログインするユーザのID(後で別のユーザを作成可能)
  • パスワード
    WordPressにログインするユーザのパスワード(後で変更可能)
  • データベース
    先ほど作成したデータベースを利用

必要な情報を入力して[インストール(確認)]を選択

データベースを自動で作成するのは避けよう

実は、データベースを自動で生成すれば、今回の記事のデータベースの作成や初期設定はやらなくて済みます。

しかし、自動でデータベースを生成する場合、データベースは半角英数字の羅列となり、「このデータベースは何に使ってるんだっけ?」と混乱する可能性・大

もし将来的に、複数のブログやWebサイトの運営をする可能性があるのなら、後で見て分かるように自分でちゃんとデータベースを作りましょう。

内容を確認してインストール(確定)をクリック

入力内容を確認して[インストール(確定)]をクリック

 

しばらく待つと画面が切り替わるので、表示されたURLをクリック(WordPressのログインURL)

表示されたURLをクリック

 

WordPressのログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力してログイン

ユーザー名とパスワードを入力して[ログイン]

 

これでインストールは完了です!お疲れさまでした!!

WordPressのインストールが完了

 

まとめ

2回目以降のWordPressのインストールは、データベースを作成して自動インストールのボタンを押すだけなので、慣れれば10分もかかりません。

ただし、めんどくさいからと言って、WordPressのアカウントを同じするのは絶対にやめましょう!

「このくらい大丈夫だろう」と油断していたら、アカウントをハッキングされて全部のWordPressを乗っ取られてしまった……なんてことが起きてしまったら、お仕事に重大な影響が出てしまいますからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう